未分類

転送から電話秘書・代行へ


留守番電話が主流だった時代から昭和50年代になると、転送というサービスが開始されました。留守番電話はかなりの普及率となったのですが、やはり留守番電話は留守番電話です。人が対応してくれる事もなく、留守番電話の録音を聞かずにいればそのまま連絡が伝わる事がありません。人が対応してくれるのなら、要件を伝えることもできますし、連絡を待つ気持ちになりますが、やはり、即対応してくれるという事がビジネスの基本でしょう。

留守番電話から昭和50年代になって転送が始まり、やっと人が対応できる要素が出来たのですが、それでも対応できない時間帯ならどうしようもありません。また現代のように携帯電話がない時代ですから、転送先で電話に出ることが出来なければどうしようもありません。会社の電話から自宅に転送されてお子さんが出て…という事も多く、やはりしっかりした経営を求める場合、転送ではどうにもならないと、結局コストがかかる事はわかっていながら事務員を雇用する経営者が多かったのです。

携帯電話が登場し、事務所の電話から携帯電話に転送できるようになりましたが、商談中や顧客の家に訪問している時などは対応できません。そこで近年、特に個人で起業する人が多くなったことでより一層電話秘書や電話代行のサービスが注目されるようになっています。