未分類

転送から電話秘書・代行へ

留守番電話が主流だった時代から昭和50年代になると、転送というサービスが開始されました。留守番電話はかなりの普及率となったのですが、やはり留守番電話は留守番電話です。人が対応してくれる事もなく、留守番電話の録音を聞かずにいればそのまま連絡が伝わる事がありません。人が対応してくれるのなら、要件を伝えることもできますし、連絡を待つ気持ちになりますが、やはり、即対応してくれるという事がビジネスの基本でしょう。

留守番電話から昭和50年代になって転送が始まり、やっと人が対応できる要素が出来たのですが、それでも対応できない時間帯ならどうしようもありません。また現代のように携帯電話がない時代ですから、転送先で電話に出ることが出来なければどうしようもありません。会社の電話から自宅に転送されてお子さんが出て…という事も多く、やはりしっかりした経営を求める場合、転送ではどうにもならないと、結局コストがかかる事はわかっていながら事務員を雇用する経営者が多かったのです。

携帯電話が登場し、事務所の電話から携帯電話に転送できるようになりましたが、商談中や顧客の家に訪問している時などは対応できません。そこで近年、特に個人で起業する人が多くなったことでより一層電話秘書や電話代行のサービスが注目されるようになっています。

未分類

留守番電話全盛の時期

電話秘書や代行業が本格的なビジネスとして誕生する以前、戦後から経済が上り調子になっていく中、昭和30年代になると留守番電話が登場し、40年代にはさらに進化を遂げていました。最初はかけてきた人の声を録音するだけだったのですが、次第に外出先から留守番電話の内容を聞けるという進化を遂げたのです。

当時留守番電話はかなり高価な物だったのですが、事務員を雇用する余裕がない経営者の多くが、このサービスを利用していました。現在も留守番電話の内容を外出先で聞くというシステムが利用されていますが、この時代から個人事業主は便利に利用していたのです。

しかし留守番電話があっても、電話をかけてきた人が留守番電話のピーッという音を聞くと、無言で切ってしまうという事も多く、やはり事務員の必要性は高かったのです。人が対応するのではなく機械が対応するという事、時間を気にしながら声を録音しなければならないことなど、当時の人たちは留守番電話に声を入れるという事に慣れていなかったのです。

急ぎの依頼の場合、電話をかけて人が即対応してくれるところを選択しようというのも納得の話で、こうした背景があり、電話秘書、代行というサービスがいよいよ本格化していくのです。

未分類

電話秘書のはじまりは?

独立開業するという事は、今も昔も大変なことです。一つの事業を行う経営者となるのですから、今も昔も苦労はつきものでしょう。戦後、独立開業しようとする人が本格的に事業を展開するためには、どうしても電話が必要でした。でも今のように架設数が多いわけではなく、また電話を利用するために資金もかかったため、電話無しで開業したり、電話が入るまで待って開業する等していたのです。

商売をより大きくしていくためには、地域限定の仕事ではどうしようもありません。遠方とも取引を行うために電話は不可欠なアイテムでした。そこでその当時、電話を貸してくれるサービスを行っている業者が誕生し、そこで電話を借りたり、電話番もしてくれるなどのサービスを行っていた業者が、少数ですが存在していました。

当時電話が一般家庭にあるという事はイコール、その家はお金持ちで、会社でも電話を持つという事はかなり大変な事だったのです。一般家庭の電話を借りて連絡を取ったりしているうちに、これは商売になるのでは?と考える人が出てくるのも当然で、独立開業したい人たちに電話と電話番をするというサービスを開始するという事は、戦後間もない時期、かなり商売としてお金になったと考えられます。

未分類

電話秘書の存在は大きい

事務所に事務員がいていつでも応答ができる、これは個人事業や業者にとって信用度をアップするために必要な事です。あそこの事務所はいつ電話しても出ない、事務所に人がいないようだとなると、信用度が低くなります。ただ事務員を一人雇用するとなると、人件費がかなりかかる事になるので、個人事業主などにとっては負担が大きく諦める方も多いでしょう。

転送するという手段がありますが、例えば自分が取引先と商談中に事務所経由で自分の携帯に電話が来たとしても、取引先との商談中、他の電話に出るという事はできません。となると、そこで顧客を逃すことになります。こういう場合に利用したいサービスが電話秘書、電話代行というサービスです。

ある事務所に連絡すると電話秘書がいる場所に転送され、そこで電話秘書サービスのスタッフが、その事務所の社員同様に応対してくれます。いつでも連絡が取れる状態は、顧客や取引先にとって安心です。電話が来たらメールで連絡してくれる、若しくは内容を聞いて伝えてくれるというサービスをしてくれるため、事務員がいない経営者にとって人気の代行サービスです。現在はさまざまなサービスが利用できるようになり、利用者は多くなっています。

こうした電話秘書、電話代行などのサービスが行われるようになったのは、昭和50年代ごろといわれています。こうしたサービスがどのような事からできたのか、いつから始まったのか、当サイトで電話秘書の歴史を探りました。当サイトの情報が皆様にとってよい情報となれば幸いです。