未分類

電話秘書の存在は大きい


事務所に事務員がいていつでも応答ができる、これは個人事業や業者にとって信用度をアップするために必要な事です。あそこの事務所はいつ電話しても出ない、事務所に人がいないようだとなると、信用度が低くなります。ただ事務員を一人雇用するとなると、人件費がかなりかかる事になるので、個人事業主などにとっては負担が大きく諦める方も多いでしょう。

転送するという手段がありますが、例えば自分が取引先と商談中に事務所経由で自分の携帯に電話が来たとしても、取引先との商談中、他の電話に出るという事はできません。となると、そこで顧客を逃すことになります。こういう場合に利用したいサービスが電話秘書、電話代行というサービスです。

ある事務所に連絡すると電話秘書がいる場所に転送され、そこで電話秘書サービスのスタッフが、その事務所の社員同様に応対してくれます。いつでも連絡が取れる状態は、顧客や取引先にとって安心です。電話が来たらメールで連絡してくれる、若しくは内容を聞いて伝えてくれるというサービスをしてくれるため、事務員がいない経営者にとって人気の代行サービスです。現在はさまざまなサービスが利用できるようになり、利用者は多くなっています。

こうした電話秘書、電話代行などのサービスが行われるようになったのは、昭和50年代ごろといわれています。こうしたサービスがどのような事からできたのか、いつから始まったのか、当サイトで電話秘書の歴史を探りました。当サイトの情報が皆様にとってよい情報となれば幸いです。